医学部の予備校を色々な観点で比較してみよう

予め全体のキャッシュフローをチェックしておくことをお勧めします

予め全体のキャッシュフローをチェックしておくことをお勧めします / 少しでも自分に有利な受験科目がある大学を選ぶことも大切 / 日本で医師になる方法は1つしかないので、受験生のレベルは格段に高い

最初に比較するべきは、受験までにどれぐらいの授業料がかかるのかの学費です。
いくら実績がある講義であっても支払えなければ絵に描いた餅だから、自分が用意できる金額の範囲内で候補をリストアップしましょう。
成績優秀者には奨学金を出すところもありますが、その制度を利用するには全国レベルで上位の学力を求められます。
志望校に合格すれば将来的に医師になることで返済できるものの、入学後にも様々な名目でお金がかかるので予め全体のキャッシュフローをチェックしておくことをお勧めします。
特に私立大学を選択肢に入れる場合は、寄付金といった独自の項目でも出費が発生するので要注意です。
難易度が高い医学部の受験では、原則的に個別指導に近づくほど勉強の効果がアップします。
授業料と直結している部分で、学費が安い予備校では大人数による集団講義です。
当然ながら、集団講義では学校の授業のように決められた範囲を流すだけになり、個別に分からない点をフォローする等の手厚い指導はありません。
医学部受験で評判が良い予備校を比較する時には、自分がどれぐらいの人数に混じって講義を受けるのかをチェックしておきましょう。
自分だけではなかなか勉強できない、分からない部分を丁寧に教えてもらいたい場合は、個別指導か少人数制のところを選ぶのがセオリーです。
疑問点をすぐに解消することは、医学部受験を成功させるための鉄則となります。

Googleアラートより。
「慶應義塾大学 進学相談会2014 | 医学部の予備校を福岡でお探しなら医学部予備校PMD」https://t.co/d84xuqtRZe

— 前途洋々!慶應義塾大学情報 (@you2keio) 2014年4月22日